マグノリア新世紀

今年度の辛夷祭のテーマは「マグノリア新世紀」、テーマカラーは群青色です。

マグノリアとは、コブシ(辛夷)や附属高校の校章になっているタイサンボクを含む、モクレン科の総称です。

未だ続くコロナ禍ですが、コロナ禍だからできないことを表に出すのではなく、新世紀を生きる附属高校と附属高校生徒の魅力を最大限に表現する辛夷祭になってほしいという願いを込めています。

パンフレットは

こちらからご覧いただけます

お知らせ

広報動画を追加しました()

広報動画を初投稿しました()

パンフレット(PDF)を掲載しました()

広報動画ページを追加しました()

委員長の言葉を掲載しました()

Articleを掲載しました()

執行部Diaryの連載を開始しました()

3Fのホームページを更新しました()

スケジュールを更新しました()

展示・鑑賞部門を更新しました()

3Bのホームページを更新しました()

HP大幅更新()

背景色を変更しました()

記事を追加しました()

3Gのホームページを更新しました()

3A、3Cのホームページを更新しました()

ホームページを公開しました()

3Dのホームページを更新しました()

HP作成開始()

Date / Time

令和4年9月10日(土)、11日(日)、12日(月) / 9:00~16:00

Location

東京学芸大学附属高等学校

辛夷祭委員長からの言葉

今年の辛夷祭のテーマは「マグノリア新世紀」です。

マグノリアとは、モクレン科の植物の総称です。コブシ(辛夷)や本校の校章デザインであるタイサンボクが含まれています。

コロナ禍を経た新世紀を生きる附高と附高生の魅力をぜひ、第68回辛夷祭でご覧ください。

今年は本校生徒の保護者の方のみへのオフライン公開となりますが、オンライン上でも多くの方に楽しんでいただけると幸いです。

第68回辛夷祭実行委員会委員長